会社人間 ⇒ うつ への危険性について

仕事

新型コロナが原因となった業務縮小や倒産などが相次ぎ、問題となっています。テレワークが可能な業種であれば良いのですが、どうしても会社に行かないと仕事にならない業務もある一方、人員の削減などで過剰な仕事量に悩まされている人も多いのではないでしょうか。

私がやらなければ皆に迷惑がかかる。そう思って何人分も頑張ってひとりの肩にたくさんの荷物を背負ってしまう。荷物が多すぎて、思いがけないミスをする。上司は、その荷物の重さをわかってくれず、ミスの事ばかり責め立てる。いつもこんなことでミスなんてしないのに、こんなミスしてる場合じゃないのに、もっとしっかりしなきゃいけない・・・。真面目な方ほど、このようなスパイラルに陥ります。

頑張れる範囲で頑張る。お仕事は、それが原則だと思ってください。部下を思いやる心のない上司、現実を見てくれない上司はいるものです。上司の評価を得ることが全てだとは思っていませんか。上司に仕事を褒められる、それは嬉しいものですし、次も頑張ろうというモチベーションに繋がります。

その逆に、本当はできるはずの事をミスして注意された時、実力を認めてもらいたいという思い(承認欲求)を全否定された気持ちになります。それどころか、もしかしたら私は自分が思っている程、仕事のできる人間じゃないのかもしれない、だからプライベートの時間も潰して頑張らなくちゃ・・・などと思うようになったら、危険な傾向です。

真面目な人ほど、この罠にはまります。私の努力が足りない→私の実力が低下している→私は仕事ができない→私は役に立たない・・・そのように自分を責めて、自分の存在価値を見失い、うつへとなってしまう場合があります。

自信を持つこと(自己肯定感をあげること)が、更に実力をあげていくことに繋がります。自信をもつには、周りに自分を褒めてくれる人がいることが有効です。それがたとえひとりでも、信じられる人が自分を認めてくれることが重要です。

誰も自分を評価してくれない、そんな職場で働くことは本当に辛いものです。もしもそんな職場にいて悩んでいる方がいらしたら、本当の自分の適性、実力を見つめ直し、自分が生き生きと活躍できる場所を探すのも一つの手です。

つい数ヶ月前までは、完全に売り手市場だった採用活動ですが、すっかり状況が変わりました。しかし、それを恐れて自分を見失い、心まで失うことのないようにしてください。自分を信じられなくなった時は、信頼できる方に相談してください。

カウンセリングを受けるのも、自分を客観的に見るのに役立ちます。知り合いに弱っている自分をさらけ出すのにためらう方は、カウンセリングをどうぞご利用ください。

カウンセリングエデン
オンライン専門カウンセリングの老舗。カウンセリングエデンは、2014年から臨床数2000人以上を対象に、電話・ライン・ZOOMなどを利用した精神療法を行ってきた心理カウンセリングです。プロフェッショナルのカウンセラーたちが、あなたのお悩みを根本的な解決に導きます。

にほんブログ村

  ☝よろしければクリックをお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました