ネガティブワードで検索をかけていませんか?

日常

なんとなくPCやスマホをいじっているうちに、無意識にネガティブな言葉で検索をかけていること、ありませんか?

ワイドショーで言っていた言葉をなんとなく・・・「誹謗中傷」「ネット被害」「自殺」etc.。そうすれば、たくさんの記事、画像がヒットします。次々に眺めていくうちにどんどん内容がエスカレートしていき、本当のことなのかフェイクなのかわからない記事に巻き込まれていきます。

不安や悩みがあって苦しんでいる方、頭の中で同じことをしていないでしょうか?

例えば、何か嫌なことがあってムカついたとします。「ムカつく」「ムカつく」と思っているうちに、頭の中の検索エンジンが作動し、過去に起こった「ムカついたこと」が映像や音声とともにどんどんよみがえってきて、今感じているムカつきを更に炎上させることになってしまいます。負の感情が、経験の中の負の感情を引き寄せてしまうのです。

不安であれば、次のプレゼンが上手くいくか心配で、「上手くいかないかも」と思い、かつて上手くいかなかったことが無意識に湧き出てきて、最後には幼稚園の時にピアノの発表会で緊張して泣いてしまったことなどまでが失敗体験としてリアルに現在にリンクしてしまいます。そして「私は本番に弱いから・・・。」と決めつけ、更に不安は増すばかり。

では、どうしたらいいのでしょう。

ポジティブワードで検索する癖を意識してつけると良いのです。ほんの小さな成功体験や、嬉しかったことをどんどん検索していくのです。例えばピアノの発表会が思い出されてしまうのであれば、可愛いドレスを着せてもらったな、嬉しくて当日までに何回も着せてもらったな、という良かったことを検索して、発想をポジティブな方向に転換させるのです。

そんな簡単な悩みじゃない!と憤られる方もいらっしゃるかもしれませんが、小さなステップの積み重ねで考え方は少しずつ変えられます。少なくとも、ずっとループし続けることからは、一歩踏み出せることでしょう。

ひとりで上手くいかない場合は、どうぞカウンセリングをご利用くださいね。

カウンセリングエデン
オンライン専門カウンセリングの老舗。カウンセリングエデンは、2014年から臨床数2000人以上を対象に、電話・ライン・ZOOMなどを利用した精神療法を行ってきた心理カウンセリングです。プロフェッショナルのカウンセラーたちが、あなたのお悩みを根本的な解決に導きます。

にほんブログ村

 ☝ よろしければクリックをお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました