『鬼滅の刃』にみる「終焉の美学」

本の紹介

週刊少年ジャンプで掲載されていた大人気漫画『鬼滅の刃』が、5月18日発売の2020年24号で完結しました。人気沸騰の真っ最中での完結に対して、「やめないで!」「鬼滅ロスになる!」という悲鳴とともに「今終わるの、かっこいい!」「潔い!」などの称賛の声も上がっています。

人気コミックであれば、何十巻も重ねるのが当然の中で、こんなに早く完結してしまうのは異例です。もちろん、スピンオフ作品や劇場版、ゲームへの展開も予定されているようですが、本編を大人気のままで描き切ってみせたのは、美しささえ感じられます。

まだまだ終焉を引き延ばすこともできるのに、といった意味では、安室奈美恵さんの引退の時と同様の潔さを感じます。最後の幕の引き方で、「伝説」的要素が加わり、それまでの価値がさらに高まる良い例でしょう。

比較するのは失礼かもしれませんが、Twitterで公開された4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』は、幕の引き方に少々失敗した例かと思います。あと何日でワニ君が死んでしまう、そのはかなさを日々味わいながら、ワニ君の日々の何気ない優しさに癒され、ワニくんの最期に絡めて張られた伏線を味わっていたファンは、最終回を迎えてすぐに目の前に現れた「商売っ気」に幻滅し、炎上してしまいました。少なくとも、「ワニ君ロス」をファンに十分感じさせる時間が重要だったのでしょう。

何か大きなプロジェクトを手掛けたりすることもあるでしょうが、始まれば、いつかは終わります。人とも出会えばいつかは別れます。その期間の楽しさ、感動、苦しささえ、終焉の美しさによって素晴らしい想い出に昇華されていきます。「終わり良ければ総て良し」ではありませんが、最終的な着地点をしっかりと見据えていくことも大切なことだと思います。そして、「終わりは新しい始まり」です。ひとつひとつのプロセスを大切にして、生きていきましょう。

にほんブログ村

 ☝よろしければクリックをお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました