芸能人の不倫、本当の加害者と被害者は誰?

日常

またまた芸能界は不倫騒動です。夫婦ともに人気者で、特に奥様が若くてものすごい美人で、しかも仲のいい夫婦という印象があったので「なんて贅沢な!あんな理想的な奥さんと子どもまでいるのになんでそんなことを!」と大騒ぎなのでしょう。

不倫をした男性と、家庭を守っていたのに裏切られた女性。この構図から、皆が男性を責め、社会的制裁を加えようとします。そして、「この度は・・・」と世間に対して謝罪をする。確かに、スポンサーや共演者等、迷惑をかけた人は数知れないでしょう。金額に換算しても、相当なものになると思います。

しかし。私は毎回思います。不倫って、プライベートなことですよね? この場合、「個人情報」という概念より「言論の自由」に重きが置かれるのでしょうか?

不倫は、あくまでも夫婦間の問題です。認めるか否か、謝るか謝らないか、罪として裁きの場にあげるか否か、全て夫婦間だけの問題です。

そして不倫は、不倫をした方だけが一方的に悪いのかどうかは、その夫婦によって違います。更に言えば、夫が不倫しているのを知っていても、却ってその方が助かるという妻さえいるのも事実です。例えば、自分自身はもう夫の性的欲求に応えるのが体力的に面倒なので、夫が他の女性で欲求を満たしてくれて、お給料をきちんと入れて家庭が壊れないのなら、それで良いという女性がいらっしゃいます。

個人的なことをメディアが公表することによって、夫婦だけでなく、あちこちに被害が及んだ訳です。つまり、メディアが公表しなければ、夫婦内で済んだ話なのです。

夫婦間で処理できたはずの問題なのに、メディアが正義漢の如く男性を叩きのめし、女性に対しても同情を装いながら、結局はさらしものにして、心の傷に塩を塗りたくっているように私には見えます。

お騒がせして申し訳ありません。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。不愉快な思いをさせて申し訳ありません。そう謝るべきなのは、この件を記事として世間にばらまくことで利潤を得るメディアなのではないかと思います。

不倫を報道された芸能人夫婦が、メディアを相手に損害賠償請求をする。そんなことがあってもいいように思えるのですが、いかがでしょうか。

にほんブログ村

 ☝よろしければクリックをお願いいたします。

コメント

  1. 世間の不寛容さとマスコミの報道の相乗作用で、現在の日本では寛容さが失われつつあるような気がします。マスコミ全般(テレビ番組も含め)、大衆受け・視聴率ありきではなく、まずは報道ポリシーの確立からですね。

    • Akita Yumiko より:

      コメントありがとうございます。報道すべきこととしなくてもいいことの線引きが、世間の興味(下卑たものを含め)をひくかどうかだけを基準にしているような気がします。本来被害者であるはずの人までを苦しめる報道に疑問を持ちます。

タイトルとURLをコピーしました