服装へのこだわりは自意識の表れ

日常

「男にとってスーツとは現代のヨロイなんだ!」というのは、私の上司の言葉で、なるほどなぁと妙に納得したのを覚えています。やっぱり、いいスーツ着ているだけで、勇気ややる気が湧いてくる、それはわかる気がしますから。

女性だって、お気に入りの服を着ていると気持ちが上がるし、逆に家を出てから「この服着てくるんじゃなかった!」と思うと、もう帰りたくなりますよね。

なにかイベント(冠婚葬祭はもとより、気軽なお食事でさえも)の予定が入れば、まずなにを着ていこうかな、ということになります。着ている服装で、自分自身の常識が問われるのではないかという恐れ、少しでもカッコよく見せたいという自己満足、いろいろな気持ちが相まって、服装にこだわるのだと思います。

あれこれ思い悩んで、ひとりファッションショーを行って、それでも決まらなくてお店に駆け込んだり。服装を選ぶ時間がもったいないから、という理由で、同じメーカーの同じ色・型番の服をたくさん買って常に同じ見た目の人もいますね。アップル社のスティーブ・ジョブズ氏がそうだったことは有名です。

同じ服であることが一種のステイタスになってしまえば良いのですが、そこまでいかない限り、やはり気になるもの。自粛生活が続いた中で、服装を気にしなくて済んだ経験は、その見えない鎖が外された期間だったのではないでしょうか。

たかが服、されど服。基本的にはある程度のルーティンで着回して、気持ちをあげたいときにはとっておきのお気に入り、いわゆる勝負服を着る。服装で気持ちを調節できるものなら、ある意味、お安いのではありませんか?

自粛生活が終わってもなんとなくモヤモヤが晴れない方は、とっておきの一着を着て、新しいお気に入りに出会いに行くのもいいかもしれませんね。

にほんブログ村

 ☝よろしければクリックをお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました