日常

優しい人が好き。それは結構高望みですよ。

どんな人が好きですか?と聞かれて「優しい人が好きです」という答えをする方、多いですよね。 確かに心優しい人は人間的にも尊敬できるし、立派な方が多いです。 しかし。心優しい人とパートナーになった時。必ずしも穏やかな日々が来るとは...
日常

ダイエーでお買い物中の不倫社員を見かけた話

会社内で周知の事実になっているダブル不倫の社員がいました。男性は無口で表情も乏しい感じの方。女性は明るい、気さくな方。どちらももう、定年まで数年というような年齢の二人です。 ある日友人と会っていて、いつもは入らないダイエーに入ったの...
日常

お悩み女子の皆さん、フラダンスを踊りませんか?

今日は7月1日です。2020年も後半となりましたね。今日から、ディズニーランドも浅草花やしきも再開したとのことで、東京都の新型コロナ感染者数は減らない一方で嬉しいニュースです。 さて、ディズニーもいいですが、フラリゾートハワイアンズ...
カウンセリング

「愚痴聞き」と「カウンセリング」の違い

カウンセリングを勉強したこと、もしくは調べたことのある方は「傾聴」という言葉をご存知のはずです。カウンセリングにとっては傾聴は基本となるものです。話し手の言葉を否定せずに、ひたすら聞き役にまわる。それだけだったら、誰でもできるんじゃないの...
仕事

これまでの自分を棚卸ししてみませんか

私はカウンセラーであると同時に、キャリアコンサルタントでもあります。そこでひとつ、厚生労働省の手先のように宣伝をさせていただきます(笑)。 「ジョブカード」というツールをご存知でしょうか。就活を始める学生や、在職者、求職者など、あら...
日常

服装へのこだわりは自意識の表れ

「男にとってスーツとは現代のヨロイなんだ!」というのは、私の上司の言葉で、なるほどなぁと妙に納得したのを覚えています。やっぱり、いいスーツ着ているだけで、勇気ややる気が湧いてくる、それはわかる気がしますから。 女性だって、お気に入り...
仕事

「終わったな、この人」について

スキャンダルが発覚した芸能人。不正が暴かれた政治家。容貌が衰えた写真が拡散された女優。記録が出せなくなったアスリート。 世間の人は簡単に、「ああ、この人ももう終わったな」「さっさと引退すりゃいいのに」と、有名人の人生を評価します。 ...
日常

「常識」と「非常識」の境界線

新型コロナ感染に関する緊張感などで特に、常識と言われるものがいかに曖昧な存在なのかと思い知らされます。 「こうするのが当たり前じゃないですか」という前提で、インタビューに答える人々ですが、その内容はまるで異なっています。 コロ...
カウンセリング

カテゴライズされることの安心感について

「あなたはこういう人ですよ」と言われてどう思うかは相手、タイミング、内容によってそれぞれです。ただ、そう言ってもらいたいと思っている人は多いのではないでしょうか。 例えば、雑誌を買うたびに必ず星占いのページを読む人。星占いで言えば、...
仕事

「私、神経質なの」という無神経な人

細かいことにいろいろとこだわる方がいます。本棚の本の並び方、ホワイトボードのペンの向き、お茶碗の重ね方・・・。このこだわりが度を過ぎて他人にもそれを強要する方がいます。それが女性の場合だと「お局様」などと呼ばれることになってしまいます。 ...
タイトルとURLをコピーしました